カーテル&アリソン

今、ヴァイブス・カーテルとアリソン・ハインツのライナーを平行して書くという器用なことをしています。

毎作、取材をしてきたカーテルは私にとってとても大事なDJ。問題児だけど、やっぱり天才だと何度も思い知らされます。

一方、アリソン・ハインツは日本にずっと紹介したかった夢がやっと叶った形で、やはりとても大事な存在です。
張り切っていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。