Amy Winehouse in NYC

昨晩は噂の酔いどれ歌姫、エイミー・ワインハウスを見て参りました。会場は16丁目の西端に新しく出来たHighline Ballroom。ロケーションも中の造りも音もなかなか良かったので、今後もちょくちょく通うことになりそう。

オープニングのUK男子が何とも言えないタイプで、デュラン・デュランとか、ソフト・セル、ニック・ヘイワード、キュアーなどン10年も頭に浮かばなかった名前がバンバン出てくる音楽性、だと思ったら最後はポップになって何がしたいのか分からない。問題は、頭をキラキラさせてハイウエストの短パンをはいていたこと。

うわー。

こういうキツいアクトの時は、仕事仲間と一緒に乗り切るしかありません。右でTちゃんが「無理してる。しなやかさがない」と言ったのを受けて、「実は元卓球部なんじゃないと」と私。これをまとめて左にいた内本Jさん(って実名でブログをやっているからいいよね)、「元卓球部が無理しているステージ」と報告したら、爆笑&賛同をいただきまして。このシンガーさん、イギリスでは人気があるそうです。

エイミーさんは予想以上に雰囲気たっぷり。自分のスタイルをしっかり確立しつつ、聴きやすいので日本でも行けるのではないでしょうか。きちんとしたレポートはbmrでします。裏話は、彼女のアルバムを4割プロデュースしているサラーム・レミにメールでライヴに行く旨を伝えたら、「楽しんで来てね」との返信があってちょっと嬉しかったこと。一緒にプロジェクトを進めている最中なのですが、ホント、用件だけのスーパー簡潔なメールしかよこさないので、ちょっとでもナイスなコメントがあると嬉しさ倍増。得な性格かも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。