Chingy &J-Holiday

宣言したわりには対して更新頻度が上がってませんね。忙しいのもありますが、編集者の皆々さまが覗きに来ているのを知っているだけに、締め切りが貯まっているのにブログなんぞ書いてたら、ムッとされそうな気がして。

でも、ブログと原稿は気合いと緊張感がハワイと北極くらい違う。なので、とりあえず火曜日のイケメン・デーについて書こう! と思ったら、J-Holidayの写真を撮り忘れてやんの。あらー。

まず、日本のレディースに大人気のチンギーくん。

Def Jam移籍後初のオフィシャル・インタヴュー。ちょっと貫禄がついておっさんくさくなってましたが、ピカッとしてましたね。やっぱりカッコいい。新作『Hate it or Love It』もチンギー・ファンの期待を裏切らない仕上がり。「来週、ネリーの取材でセントルイスに行くかもしれないのですが、どこか観ておいた方がいい場所はありますか?」と聞こうと思ったら、後半を完全に無視されて、ネリーへの伝言を託されてしまいました。ビーフまでは行かないけど、少々ケンカ腰。面白いから、ちゃんと伝書鳩になろうかと思います。詳細はどこかの原稿を待て。

中毒性が高い“Bed”で当たりまくっているJ-Holidayは、新人のわりにはよれっとしてました。でもね、とてもすてきな人でしたよ。

出回っている写真はこういう「色男系」が多いけれど、本人はもうちょっとフツーで笑うとかわいいタイプ。ヒップホップやポップによりたがる人が多いなか、「俺はR&Bシンガーだ!」と言い切り、R&Bの話でアツくなるタイプでもあり。チンギーのインタヴューの後、渋滞に巻き込まれて10分ほど待たせてしまい(大汗)、平謝りに謝ったのですが、「大丈夫、大丈夫。俺、最近すげぇ機嫌が良くて、ちょっとやそっとじゃ怒らないから」と売れっ子らしい発言もありました。デビュー盤『Back of My ‘Lac』の出来もすばらしいですからね。今年の冬はコレで乗り切っていきましょう。
イケメン・デーに入れたら、本人が喜びそうなので、10年(!)くらい髪を切ってくれているSeiちゃんも載せておきますね。

10年の間にWarren & Tricomi(http://www.warrentricomi.com)というトップ・サロンでトップ・スタイリストに出世してしまって、友達割引があってもほかより高い! でも、私の超くせ毛を彼ほど上手に切ってくれる人がこの世でまだ見つかってないから、仕方ないです。このサロンには日本人スタイリストさんが多いので、旅行で来たときに行っても楽しいと思いますよ。モデルさんとか有閑マダムとかの生態も観察できます。
最後はイケメンと関係ないオタク写真。

CDの帯です。マヴァードとキャット・デルーナ。買ったらみんながすぐ捨てちゃうやつね。それでも、これに名前をちゃんと載せてもらえるととっても嬉しい。今までライナーや対訳で載せていただいた分は全部取ってあります。逆に、載せてもらえないととても哀しい。元文学少女魂炸裂で訳したエイミー・ワインハウスも、本人まで確認したカリー・バッズも名前がなくて、3分ずつくらい膝を抱えて転がってみました。

写真は新しいデジカメの「名刺モード」がどの程度使えるか試したくて撮ったのですが、全然だめで、一番しっくり来たのが「食べ物モード」でした。この帯、食えってか。

苦しみまくっているジャー・キュアーとジル・スコットの原稿に戻ります(←業務連絡)。

“Chingy &J-Holiday” への3件の返信

  1. SECRET: 0
    PASS:
    エイミー・ワインハウス、池城さんがやっていらっしゃるんですね。迷ってましたが、買い、ですね。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    内本です。この記事、激しく共感ですっ。
    そうなんですよねぇ。気合入れてライナー書いたのに、帯に名前が載ってないと、けっこう落ち込むんですよねぇ。僕もしょっちゅうですよ。あれはなんなんですかね。どういう基準で載せたり載せなかったりするんですかね? 帯のデザイン上とかいろいろあるんでしょうけど、でも、基本的にはそのディレクター氏の配慮ですよね。ライターや訳者のそういう気持ちにまで思いがいかないディレクター氏が少なくないってことですよね、きっと。かと言って、いちいち「帯に名前入れてください」なんて言うのもアレですしね。ムズカシイ問題だ…。
    あと、忙しいときに限ってブログでも書きたい気持ちになって、でも原稿を待ってる編集者が見たら「ブログ書くひまあったら、さっさと原稿入れろ」って思われそうだから、やっぱやめとこう…ってこと、僕もよくあります(笑)  

  3. SECRET: 0
    PASS:
    反応が多くて嬉しいです。
    桜ん坊さんのコメント、世界中に伝えたいです(笑)。ありがとう!! エイミーは強力推薦盤なので、ぜひ堪能してください。
    内本さん! ねぇーーーー。私、チャンスがあったら担当者の人に「帯に名前が入っていると嬉しい」というのは伝えてます。相手によるけど。お店でCDを手に取った人に、自分の名前が小さじ程度でも意味があるといいな、と思いますよね。日本盤を買う人はライナーや対訳に期待してくれているワケですし。ブログは原稿を書く前の準備運動代わりになる、というのが私のエクスキューズですけど、ダメかしらね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。