ジャマイカで筋肉ブーム?

今、昨日の夜から血を吸われ続けていた蚊をやーっと、殺しました。

私の血でお腹いっぱいになって、壁にベターッと張り付いているところを「バチッ」と叩いたら、手のひらが真っ赤に。昨晩は2時間置きに起こされたので、そうとう腹が立っていたみたいw

今日の話題は、最近の小さな疑問。ジャマイカでは、最近、筋肉隆々ムキムキマンが流行っているの?という。
クリストファー・マーティンがステージでジャケットを脱いだ時、「おや?」と思ったのが発端。で、レイバー・デー・ウィークエンドのHot 97のショウで、これを撮った時は、「やっぱりそうなの?」と思いました。

モヴァさん in backstage.腕、すごいですよね。「鍛えてるんですか?」と聞いたら、「そんなことない」。
思わず、「いやー、デビュー・アルバムの前にインタヴュー取ってますし、写真も撮ってますから」と返したら、
「フフッ」と乾いた感じで笑ってくれました。

Mavadoファンの友達に、この写真を見せたら、「デビュー当時の野良犬みたな雰囲気の方が好きだった」
と言うので、男性の好みが不幸一直線だな、とも思ったものですが、それはともかく、ジャマイカでもこういうちょっと前のラッパーみたいな体型が流行っているのか、気になるところです。ジムに行く人が増えている、という話は聞いたことありますが、いくら筋肉がつきやすい人種とはいえ、ここまで鍛えるの、けっこう大変ですよー。

ヨガをやっているアーティストもいますしね、最近は。書いているうちに「どっちでもいいかも」と思い始めていますが、ジャメーカン・カルチャーのアメリカナイズが進んでいることの現れかな、という気もします。どうでもいいついでに書けば、私はここまでムキムキはちょっと……。ナルシストになるし。筋肉の線がスッと入っているくらいがかっこいいと思います、ハイ。

Mavadoの新作はいつになるのかなー。楽しみ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。