3度めのメランコリー『Man of the Moon 3 ; The Chosen』「男の子でしょ、泣きなさい」と教えてくれたキッド・カディ

47.7才シリーズでNas『 The King’s Disease  』を書く準備をしていたのが、12月11日、キッド・カディが出発点である『Man of the Moon 』シリーズの3作目をリリースしたので、カディ応援団団長(自称・非公式)としては、こちらを先に。... Read More

平均年齢47.7才の2020年Pt1.どうせ陰謀論を吐くなら絶滅レベルまで行け!バスタ・ライムズ「人類滅亡レベルの危機2」

ele

「俺はお前らみんなが怒りで進まないと、という気にさせるために神から遣わされた/ストリートをヒートアップしてめちゃくちゃにするところだよ/また罰してやる/トランプがトランペットよりけたたましく騒いで前にいる間/みんながあの操り人形の前でひれ伏している間/俺は復活の日を信じる」... Read More

大坂なおみさん BLM連携で試合棄権するも、撤回

大坂なおみさんが、地元ニューヨークに行われるウエスタン・アンド・サザン・オープンへの出場棄権を表明して半日、一転、棄権を撤回して出場することになりました。「BLMに注目してもらうという目的は達成できたから」との理由。たしかに改めてアメリカの現状を考えるきっかけになったので、これでよかったと思います。... Read More

キッド・カディ「うつ状態も不安障害もスーパー・パワーだ」

近頃、キッド・カディがいい感じです。4月にトラヴィス・スコットと組んだThe Scott で初のビルボードのシングル・チャートの1位を取り、今月リリースしたエミネムをフィーチャーした「The Adventures of  Moon Man & Slim Shady」もゴリッとした仕上がり。ラップ・ゴッドのエミネムが、NFLのドリュー・ブリーやマスクをしない人々を口撃した件(キレッキレです)が話題になっていますが、全力でラップ神にぴったりくっついて走るカディ夫のがんばりもほめてほしい。私は、ほめるよ。Go Kudi, GO!!  そのキッド・カディが自身のうつ病体験を肯定的に捉えた、7月13日の連投ツィートが話題になっています。... Read More

Verzuz.TV テディVSベイビーフェイスの次はエリカVSジル

コロナ禍による自主隔離期間が長引くなか、インスタグラムやyoutubeで多くのアーティストがライヴ配信をしています。なかでもここ最近、大きな話題になったのがVerzuz.TVと銘打った対決シリーズでの、テディ・ライリーVSベイビーフェイス。Verzuz.TV はインスタ上でつないだふたりのミュージシャンがお互いの関わった曲をかけ合って、どちらが強いか競っていくルール。合間に思い出話や、相手の曲への感想のおしゃべりが入って楽しいです。テディさんとベイビーフェイス師匠は1980年代以降のブラックミュージックの土台となったふたりの登場とあって、注目度は抜群。... Read More

Chance The Rapper 『The Big Day』大コケの理由

アルバムワーク。

#プレ花嫁、#HappyWeddingDay、#HeppyEverAfter。人生で唯一、「主人公ですから!」と胸を張って周りのみんなに祝福してもらえるのが結婚式。SNS上でも同じで、結婚報告のポストがあれば、みな瞬時に温かい気分になり、祝福代わりの「いいね!」の嵐。‥‥1回めまでは。つい、調子に乗って結婚式、披露宴のポストをくり返し載せてしまうと様子が変わってくる。ウェディングハイなんだろうな、とはじめは寛大に受け止めていた気持ちが冷めて、ハネムーンのポーズ取りまくりの写真あたりで、スルーする人続出。SNSあるある、ですよね。... Read More

DaBaby 『Blame It On』唐揚げ弁当説。

一昨年から攻めの姿勢を崩さないダベイビーの新作『Blame It On』を聴きながら、ある種の敗北感に苛まれている。新しさは、ない。どこにも、ない。強気なリリックはあるにしても、「いま、なんて言った?」なギョッとする類のラインはない。フロウはワンパターンとまでは言わないが(いままでの曲よりも、速度も発音も変えている)、引き出しは少ない。絶妙にバウンスするトラックに、人気者の客演を揃えて聞き取りやすい言葉を的確に載せているだけ。... Read More

ジェイ・エレクトロニカ 衝撃デビュー作『A Written Testimony』

2020年はもう何が起きても驚かない、と思っていた3月13日の金曜日。あっさり、びっくり仰天しました。ジェイ・エレクトロニカが、あの、10年以上も出す出す詐欺を続けていた、2007〜08年当時は最恐MC登場と噂され、エリカ・バドゥとつき合い、その次によりによってロスチャイルド家の娘さんと交際してイギリスに移住し、そのあいだも「出す出す詐欺」を続けていたジェイ・エレクトロニカが、とうとうデビュー・アルバムを出しました。もうね、待ちくたびれて、彼に関しては「パトラッシュ、もう疲れたよ、なんだかとっても眠いんだ‥(パタリ)」状態でした、私。... Read More

最高のクズソング2トップ 歌詞解説Pt.1 070Shake

ここのところ、本来の自分を見失いそうなほど、まじめな原稿をまじめに書き続けてしまいました。このブログでは、自分も読む人も息抜きできるよう、最新クズソングと2010年代最高のクズソングを愛を込めて訳し、解説しようかと。「クズソング」を定義すると、「自分の弱さ、ダメさ加減を包み隠さず歌っている曲」になります。クズソングの名曲は、なぜか一緒に歌うとスカッとします。... Read More