Gangster for Life

「い」を入力して変換を押すと、「池城美菜子」ではなくて「一生ギャングスター」が先に、「み」だと「美菜子」ではなくて「密告者」が出るようになってしまいました。

そう、Mavadoの対訳、大詰めでございます。

ャマイカでもっともホットなギャングスター・シンガーさん、来日を蹴ったことで日本でも悪名が高くなったようですが、なかなか面白い人です。火曜日は昼間に追加取材(いやー、雑誌からの引きを多いですよ)、夜がリリース・パーティーで大暴れ。なぜかメルセデスのスポーツ・カー・タイプ(疎くてごめんよ)で登場、フォトグラファーを入り口に集めるという演出があったのですが、カメラを構えていたら「写真は取るな!」と騒ぎ出した人が約一名。

フォトグラファーのみなさん&VP のスタッフ一堂、ポカーンとしてました(車を仕込んだのはVPではないです)。どうやらMavado本人ではなく、周りに写真に写りたくない人がいたようで。どんな仕事をしている人なのかなぁ?(笑)。 おまけに取り巻きが多くて入るまで30分以上かかってました。昼間、「夜までブレイズするのかな」と思った爆発ヘアーはそのまま。兄貴分のキラーさんはその辺、いつもバシッとしていて乱れているところを見たことがないので、新世代なのかな、と。

クラブ・イヴェントなのに1時間近くパフォーマンスしたのは立派。一本調子だけどうまくなっていたし、ちょっと歌バカっぽいので大化けするかも。亡くなったお父さんがラスタらしいので、ブジュみたいに回心する可能性もあるかな。

本人、すごく日本に行きたがっていたので、2回目の正直があるような気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。