Brooklynのブランチ!

今年の冬はbrutalでした。本気でNY以外に住むことも考えました。破れかぶれで、最近のMy BoomはBrooklyn。地元です。

一昨年、マンハッタンからブルックリンに戻って来ても、何かと便利なのでマンハッタンで用事を済ませるクセが直らない私ですが、地元のいいところをなるべく見つけようと思い。まぁ、元々、カルチャー指数が高いブルックリンは大好きなのですが。

まずは、サンデーブランチ・スポットの開拓から。日曜日は、朝食兼ランチで食べるため、卵/ワッフル/フレンチトーストなどをメーンに特別なメニューを用意しているお店が多いのです。朝ご飯好きとしては、大事な行事。

先々週は、iHopへ。って、ここは毎日、何時でも朝食メニューがあるのが売りなので、最初から反則なのですが。何しろ、正式名称がInternational House of Pancake。子供のいる友達と行くには最適。日曜日の11時過ぎに待ち合わせしたところ、なんと1時間待ち!

こちらでは、International Crepe Passportをオーダー。目玉焼き二つとソーセージ、バナナとチョコソース入りのクレープにストロベリーのソースとホイップ・クリームが乗っています。

凄いでしょ。あまりの凄さに写真を撮るのを忘れました。全米にあるチェーン店ですが、ブルックリン店はフルトン・モールの隣の通り、276 Livingstonになります。先週はBubby’sのDumbo店へ。トライベッカのお店はセレブ・スポットとしても有名ですが、ブルックリン店は広々として、マンハッタン・ブリッジとブルックリン・ブリッジの両方が見渡せて最高。

池城美菜子的紐育日記~Minako Ikeshiro’ s NY Journal

 

ブランチ・メニューで一番好きなのが、エッグ・ベネディクト。
どこに行っても、一応、迷ったふりをして、結局はこれを頼んでいまいます。ベーコンの代わりにスモークサーモンやほうれん草が乗っているパターンもあります(名前が変わります)。ふつうはマフィンの上にポーチド・エッグが乗っているのですが、ここのはワッフル。かなり美味しかったです。

パイで有名なお店なので、無理やりチェリー・パイも頼みましたが、さすが食べきれませんでした。

 

池城美菜子的紐育日記~Minako Ikeshiro’ s NY Journal

 

橋のたもとの倉庫街を開拓したDumboはオシャレ・エリアに変身。アート関係の本だけを集めた書店や、家具屋さんなどがあります。セレクト・ショップ、Zoeもいい感じ。repettoの靴がセールで100ドルを切っていたので、即ゲット。日本では3万くらいするのに。miu miuやMarc Jacobsの靴も、Barney’sのウェアハウス・セールより安くなっていたのですが、サイズがありませんでした。

次は、お膝元、Fort Greeneも紹介しなくちゃ。

って、ラムの締め切りが守れていないまま、「オスカーをみんなで観て盛り上がろう」という主旨のホーム・パーティーに出かける時間になってしまいました……。リアーナとクリス・ブラウンの件、触れないわけには行かないかな、と思いつつ、考えるだけでオチてしまうのです。

えー、ブログを書いている最中のBGMが横浜から届いたばかりのFire Ballの新作。彼らの最高傑作でしょう、これ。でも、インタールードの登場人物の名前が「けんちゃん、チャコちゃん」。そりゃないだろ、と爆笑。浦島花子の異名を持つ私に古い、と言われるなんて、相当古いですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。