ボブ・マーリー風味のアイスクリーム!??

ボブ・マーリーのクラシック・コンピレーション『レジェンド』の発売30周年を記念して、アメリカのベン&ジェリーズが限定フレーバーを発売。

その名も、「サティスファイ・マイ・ボウル」

………………………………ダジャレですか!!

いままでも、テレビ番組「サタデー・ナイト・ライヴ」や、カントリーのウィリー・ネルソン、デイヴ・マシュー・バンドをテーマにアイスクリームを作った同社のこと、次はボブ・マーリーでもビックリはしません。

HPを見たら、遺伝子組み換えの食品は使っていないし、フェアー・トレードを心がけている優良企業でもある。

気になるボブ・フレーバーは、バナナ・アイスにキャラメルとチョコレートのファッジが入って、仕上げにピースマークのチョコレートが入っているそう。
甘そうだー。でも、とりあえずなんでも試すタイプだから、食べたいぞー(いまのところ、イギリスを中心にヨーロッパ数カ国だけで販売しているみたい。アメリカの会社なのに、なんでだろ)。

ラスタって、乳製品食べないんじゃ?

という素朴な疑問もありますが。ボブ・マーリーが仮に生きていても、味見できなさそうなんですけど。

いじわるなツッコミはこれくらいにして。ベンジェリのアイスだと、グレートフル・デッドのヴォーカル、ジェリー・ガルシアさんをもじったチェリー・ガルシアというフレーバーが好きです。

ラスタと乳製品、で思い出したこと。98年、『チャント・ダウン・バビロン』(ボブ・マーリーの曲とマーリー・ブラザーズとヒップホップ/R&Bのアーティストのヴァーチャル共演アルバム。総指揮を取ったのは、スティーヴン・マーリー)のインタヴューが、オランダ(だっけか)のジャーナリストさんとラウンドテーブルになったとき、その人たちがおっきなチーズをプレゼントとして、ジャマイカまで持って来ていたの。

そのときも、「ラスタって、乳製品食べないんじゃ?」と思ったのだけれど、スティーヴンは、「どうもありがとう」と丁寧に受け取っていて、とってもノーブルな人だなぁ、と思いました。

…しまった。

夜中だけれど、アイスクリームにラム酒をかけて食べたくなってきたーー。危険!!

“Satisfy My Soul”のライヴ映像です。いい曲だわ。

マーシャ様とジュディ・モワットもきれい。6月にふたりのボブ・マーリー・メドレーを見たとき、鳥肌が立ったのも思い出しました。歌声もフリも完ぺきなの。カッコ良かったー。
そうそう、『まるごとジャマイカ体感ガイド』で、有名なデヴォン・ハウスのアイスクリームのフレーバー(ほぼ)全種を試食しました。全部美味しいけれど、おすすめは、黒ビールを使ったデヴォン・スタウト。ジャマイカに行ったらぜひー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。