Keisha, Barrington, Beres

タイトルだけで、3人のラストネームが分かる人は、レゲエもR&Bもよく知っている人になるのかな。

月曜日:キーシャ・コールのフリーコンサートin BK
昨日:バーリントン・リーヴァイ in BB King
今晩:ベレス・ハモンド in BAM

という、文字通りコンサート三昧な3日間で、贅沢にもちょっと疲れております。

月曜日は、クラウン・ハイツの競技場でのフリーコンサートだったので、すっっっっごい人出。例年より早く家を出たにもかかわらず、危うく入れなくなりそうでした。実際、私より先に着いた友人は、逆の入り口に並んだため、入れず。

そう、一人で観て来たんです。アジア人と黒人の割合は1:10000でしたね。全然気にならなかったけど。

キーシャはベスト・コンディションからほど遠かったかな。MSGのシアターで観たのと基本的に同じセットだったのですが、屋外で再現するのが難しいみたいで流れが途切れるわ、声が出てないわ。2万人近くいた観客の大合唱はなかなか感動的ではありましたが。

それより、オープニングを務めたライフ・ジェニングスがショックな発表をしていました。「キーシャ命!」な人達はほとんど気にしていないようだったけれど、私はとっても気になりました。

バーリントンはさすがのステージ、これからキング・ベレスを2ブロック先で観て参ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。