Lady Sawの取材でした。

大びっくりなことがあったので、初の1日に2回目のエントリー。

今日は、ダンスホール界の女王、レディ・ソウのインタヴューでした。気合いを入れて用意していったところ、大盛り上がり大会。名前をもらうほどファンだった故テナー・ソウがどれくらい好きだったか、なんて素敵な話も出て、キャリアを振り返るという初志も貫徹して、よっしゃー! な感じだったのですが。

すごい変なことがあったんですよ。

前にインタヴューしていた人達が、断りもナシで私の取材中も写真を撮っていたのに「?」って思ってたら、もう一人がレコーダーを取り出して、どうやら私のインタヴューを録音している模様。

ええええーと、思いつつ、女王のムードを損ねない方が大事なので無視していたら、いつの間にか帰ってしまいました。あれ、どうするつもりなんだろ。自分の取材として掲載したら、大泥棒ですよ。最近、レゲエ関係の雑誌の創刊ラッシュになっているのはいいけど、基本がなってなさ過ぎです。堂々とやっていたところを見ると悪気はないし、現行犯で確認できなかったの掲載誌を見るまで何も出来ませんが。いやー、びっくりびっくり。

ジャミーズ家の長男/ ソウのBF/大物プロデューサーのジョン・ジョンも来てました。
すかさずコメントを取って、Woofin’の「勝手にスポットライト」に決定! 
それにしてもジャミーさんところは、みんなよく似てますね。ソウに首っ丈な感じで、なかなか羨ましかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。