クリスマス・イヴとサンチェス

23日、イースト・ヴィレッジの友人宅で、NYアーバン音楽必殺仕事人チーム(メンバー数10人未満)の一人の送別会で鍋を囲んでいたら、日本レゲエ村長寿チーム(メンバー数不明)のY田さんから電話が。12時間後にサンチェスの電話取材ができるとの話。

き、急だぁ。

いい感じで酔いが回った頭であれこれぐるぐる考えました。音を聴いてないから辛いかも…でも、サンチェスは捕まらない時はまったくダメだから、延期希望=再設定不能になるかも…でも今日の自分は使い物にならないから、明日は早起きして準備しないといけないし…送別会を途中で抜けたら座が白けるし……できるかな、できるのかな。と、考えている途中で、口では

「やりましょう」

と言ってました。頭より口が先に行動を起こすんですよね、時々。困ったものだ。結果から言うと、ちゃんと早起きしてちゃんと下調べして質問を練ってちゃんとインタヴューができました!クリスマス・イヴ、朝10時のサンチェスは上機嫌。クワイヤー育ちの話、某人気アーティストとの関係、子供の話まで。おまけに“Missing You”と“Lonliness”を2ヴァースずつ歌ってくれました。

受話器越しとは言え、クリスマス・イヴにサンチェスの歌声が聴けるなんてラッキー。向こう3日間、あちこちのパーティーで自慢しまくっていたイヤな私です。その報告を聞いて、「いいなぁ~」と一緒に盛り上がってくれる友達がたくさんいるのも幸せ。

久しぶりに聞いた“Simply Being Me”のリリックにやられてもいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。