サンクス・ギビング・ホリデー2016

焦点の定まらない人になってます。アブねぇ。
22日、Nasty Nasをゲット。4時間待ちでしたが、いい話が聞けました。BMRを待て!

23日 雨のサンクス・ギヴィング。仕事は山積み。ジャマイカ出張の話が出ていたので、特に予定は立てておらず、BKの友達のところに行こうかと思ったのですが、自分の生き方を反省をしようと思って(まともな人は、家で子供のためにターキーを焼いている年頃ですから)、家で大人しくしてました(ってずいぶん楽な反省)。夜中、ベッドに入ってからブザーが鳴ってドキッ! 隣の人がLock Outしたそうで、とりあえずブザーで入れてあげたのですが、今度はドアをコンコンコンコン……。
怖いって。
寝たふりしてたら、階下まで行ってまたブザーを鳴らして
「君の隣に住んでいる、このアパートでたった一人の黒人です。カギを落としたのでファイアーエスケイプで自分の部屋に行かせて下さい!」
えー。どうしよう。
ワイン・オープナーを貸したのに(で、壊してくれたのに)、いつも挨拶しないよね、君。
肌の色云々はぜっんぜん関係なくて、挨拶をしないのも、たった一人だと思うよ。
仕方なく入れてあげて、バス・ルームの窓から出してあげましたが、知った顔だし、ものすごーいお坊ちゃんくさい人とはいえ、ちょっと怖かったです。あとで、友達計4名に「不用心」って叱られたし。人助けは難しいわ。

24日。ジェイ・Zのコンサートに行って大盛り上がりして来ました。今のジガーは輝いているね、って言いながら、I子ちゃんとSちゃんとコリアン・タウンでシメ。Tシャツ売り場で売り子さんとお客の一人が怒鳴り合いのケンカをしていたのも“Jigga what!” な感じでした。

25日。NJでサンクス・ギヴィング・ディナー。食い倒れ系。今回は肉じゃがと長いもの薄甘煮を作っていったのですが、凝りもせず大騒ぎされて。みんな、私のこと心配してくれているのね。
「私にとってはNinjamanのインタヴューを取る方が、人に出す料理を作るより簡単なの」
と真面目に言い訳したら爆笑されました。本気なんですけど。

26日はどーしても行きたかったWoodbury Commonsで爆発。

仕事も結構してたんですよ。原稿4本書いたし、対訳もこつこつやったし。それでも、週明けにあちこちに謝りメールを入れているってことは、もうどこにも行かずに仕事しろってことですかね。

でも、そんな「ノー・ライフ」な人が書いた文章って面白くないでしょう。サンクス・ギヴィング・ホリデーってお正月みたいなものなので、自分としては頑張ったつもりなのですが。
どうなんだろ。究極の選択、もしくは言い訳ですな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。