人生いろいろ。

ジャマイカから帰ってきて1日置いて、My Birthday, My girlのweddingと祝い事(前者はめでたいか微妙だけど)、そこから連チャンでショウケースやらパーティーやら続いて、なんだなんだななんだ、とおののきつつ、原稿書きとアパート探しと友達づきあいもやってます。

凄いぞ、自分。

ま、フリーランスはこれくらい 「ほほほ」と涼しく笑ってこなさないといけませんが。
ショウケースで面白かったのは、遅れてきた白いネオ・ソウル野郎、ケヴィン・マイケル君、イギリスのミクスチャー・アーティスト、Plan B(名前はいまいち)、そして蟹江のPVお披露め会。蟹江はBMRでもレポートしますが、今回、ジャケットで使われている漢字表記、「蟹江西」を始めたのは……。

私です!!!

だから何だって話ですけどね。こういうギリギリあほっぽいネーミングは最初に考えついて使った人間にちょっとした捨て身の勇気が必要。で、私はあまり使い道のないこの手の勇気をいっぱい持っている。

バースデーはBKママさんチーム、キャリア組ベスト・フレンド、それからハーレム弟(&妹)軍団と方面別に祝っていただきました。ハーレムの川沿いでのBBQは凄かったですよー。周りのスパニッシュに「何であのチャイニーズ達はレゲエをかけて、シーフードまで焼いて、一番ウルサイんだ」って羨望(?)の目で見られました。Eちゃん手作りのバースデーは感激でした。
私も人にバースデー・ケーキを焼いてあげられる人になりたい まる

父の日に結婚式をあげたAはお母さんが先生時代の教頭先生(元上司、としておきます)で私とはながーいこと家族ぐるみの付き合い。一昨年、お父さんが急死してしまったのを乗り越えての式でした。元上司とこのお父さんは再婚で、Aちゃんとお父さんとは血のつながりはありません。でも、フツーの親子より余程仲のいい親子でした。Aちゃんはずっと昔、血の繋がった方の父親に会いに日本まで行き、会った瞬間「この人は私のお父さんじゃない。私のお父さんはずっと育ててくれたあの人一人だ」と悟ったと、以前話してくれたことがあります。その本物以上に本物だったお父さんに向かって、「やっぱりこの場に居て欲しかった」とスピーチした時は、うっかりもらい泣きしてしまいました。で、あとでTeam NJ aka my extended families の顔を見たら、みんな泣いた跡があり。

とても、いいお式でした。

アパート探しでは、前の大家さんにアパートの買い方を教わって勝ち上がった人に新築のすっごい物件を見せてもらいました。私もその大家さんに「ずっと賃貸してないで、NYではがんばってアパートを買って大家になりなさい」と言われたことがあります。それを実践出来なかった私と、マジメに実践した元バーバーのその人が「大家&テナント」になる可能性がある、というのは皮肉なのか、それとも何かのサインなのか。ちょっと様子を見てみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。