My Work in Dec. 2006

そろそろ、仕事納めモードです。今月の仕事一覧を書いておきますね。

・シズラ『The Overstanding』 & スプラガ・ベンツ『Live Good』ライナー

・『BMR』 Nasty Nas&ジョン太・オースティ君インタヴュー(どっちもロング・インタヴューですよー)。コラムは辛口っす。

・ルシアーノ→『Riddim』と『Custom Low Riding』。CLSは改造車好きのウェッサーイな感じな雑誌(らしい。まだ見本誌が届いてないのです)なのですが、新しい担当者のNさんがレゲエ好きで、私の本も載せて下さって、ルシアーノも早いうちから手が上がりました。今までとは違う層に届きそうで、楽しみです。

・Megaryu & PangのNYレポートを『Rove』と『Roots』に書きました。日本のアーティストさんの方が緊張するなぁ。『Roots』は名古屋のフリーペーパーなのですが、大昔の『Studio Voice』(まだ中綴じだった頃です)や、パルコのフリーペーパー(愛読してたくせに名前を忘れた)を思い出す作り。雑誌は好きなことを勝手に掲載できる規模が一番楽しいですね。

・『Woofin’』はファット・ジョーのインタヴュー及びコンピ『Ghetoo Arc』の紹介記事&無法地帯になりつつある<Labba Labba Train>。コンビニに置いている雑誌だし、と分かりやすさ(もしくはメジャー度)を重視していたのですが、最近、コメントをいただく方に「よく分からなくても濃い方が面白い」とか「シャギーとウェイン・ワンダーが一緒に和んでいる写真とか珍しくて嬉しい」と言われたので、どんどん濃い方向に行くことにします。

・『Woofin’ Girl』は「2007コレが来る!」でTOKとジョン太とジャー・キュアーを推しておきました。近況を確認するためにTOKのフレックスに電話をしたら、なんかハリキリモードで嬉しかったです。コンサートのリハ中だったのですが、後ろからBay Cとクレイグのバカ笑いも。明るくていいなぁ。

・『Bounce』のコラムはジェイ・Zねた。軽くラヴレターになってしまった。

あとは水面下のコーディネーター仕事。こちらは修行中の身なので、勉強になっていいです。
昨日は、午前中にスプラガ番長をゲットしてから、アロマテラピー教室に参加してみました。
楽しかったー。これにハマると安っぽいフレグランスはダメになりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。