オバマ前大統領の2017ベストソング・リスト全曲解説PT.2

オバマ前大統領の2017年お気に入りソングリスト、後半です。

行ってみましょう。

11.Unforgettable by French Montana (feat. Swae Lee)

アンフォゲタブル/フレンチ・モンタナ(feat. スウェイ・リー)

フレンチ・モンタナさんの特大ヒット。出てきた当初、ブロンクス出身だし、肌の色と髪の刈り方(細かく書くと前髪のライン)で「お。久々のプエルトリカンの人気者登場?」と勘違いしました。実は、北アフリカのモロッコ出身で数ヶ国語を話せる人。バッドボーイ所属らしい、華のあるMCで『エクスキューズ・マイ・フレンチ』もよく聴きました。この曲のポイントは、レイ・シュリマーのスウェイくんの歌声。透明度の高い、パキッとした珍しい声質で、私は大ファンです。

オバマさんは、ウガンダのカンパラで撮影したヴィデオも気に入ったのでは。アフリカ推しのフレンチさんを始め、自然に踊り、手を叩く人々の笑顔が全部素敵です。

12.The System Only Dreams in Total Darkness by The National

ザ・システム・オンリー・ドリームス・イン・トータル・ダークネス/ザ.ナショナル

オバマさん、インディー系のロックも押さえています。私がこの手の音楽をあまり聴かないので、評価は控えますが(ごめんなさい)、リリックに訴えかけるものがあります。

13.Chanel by Frank Ocean

シャネル/フランク・オーシャン

フランク海洋くんはこの曲。2016年の『エンドレス/ブロンド』から選ばないあたり、オバマさん、かなりのフランク通では。珍しくぶっきらぼうに歌っていますが、これは女性に対する情欲を歌っていて、「海洋くん、やっぱりバイセクシャルなんだ」と認識を新たにしました。

14. Feel It Still by Portugal. The Man

フィール・イット・スティル/ポルトガル. ザ・マン

アラスカのバンドが11年目にして放ったビッグヒット。 デンジャマウスと組んだ最新作が高い評価を受けている最中です。どこかで聴いたメロディライン、と思ったら、マーヴェリクスの超有名曲、「ヘイ、ミスターポストマン」を敷いているんですね。ジャンルを特定するのが難しい曲で、実際、ビルボードの8つのカテゴリーのチャートに入る珍しい記録を打ち立てています。

歌詞の解釈が難しい曲でもあり。インタビューで、ヒラリーさんと民主党の大統領候補の指名を争ったバーニー・サンダーズ氏のことを歌ったと答えていましたが、抽象的すぎてついていけない感じです。あ、とてもいい曲です。

15.Butterfly Effect by Travis Scott

バタフライ・エフェクト/トラヴィス・スコット

大人気、トラヴィス君のヒット曲。バタフライ効果は、蝶の羽ばたきのようにわずかな動きが遠くで大きな変化をもたらす、という意味で、同名のヒット映画もありますね。

16. Matter of Time by Sharon Jones & the Dap-Kings

マター・オブ・タイム/シャロン・ジョーンズ&ザ・ダップキングズ

周りに強烈なオバマ信者の人が多かったせいで、「やることなすこと全て讃える」姿勢は疑問を感じています。でも、この曲を選ぶ辺り、もう、純粋に音楽ファンとして信用できる! さすがオバマさん! とグッときました。ブルックリンはブッシュウィックのダップトーン・レコーズの歌姫、シャロン・ジョーンが60歳で亡くなったのが2016年。この曲のヴィデオにも出てくるチャールズ・ブラッドリーが亡くなったのが2017年。どちらも素晴らしいシンガーで、根強いファンが付いていますが、どちらかといえば通向けの地味なシンガーです。「正義が下されるのは、時間の問題」と歌うこの曲が、リストに加わることは大きな意味があるし、勇気が出ます。

17.Little Bit by Mavis Staples

リルビット/メイヴィス・ステイプルズ

ステイプル・シンガーズのメイヴィス・ステイプルズの新曲。シカゴを代表するリズム&ブルース/ゴスペル・シンガーで、公民権運動を盛り上げる曲を歌っています。オバマさんは、きっと彼女の歌を聴いて育ったのでしょう。ふた回りほど年齢の離れた大御所へのリスペクトを忘れないオバマさん。人徳者です。

18.Millionaire by Chris Stapleton

ミリオネア/クリス・ステイプルトン

カントリーからは、グラミー賞もなんども受賞しているクリス・ステイプルトン。カントリーはどの曲も似て聞こえてしまうため、私は得意ではありません。でも、アメリカ人、特に南部の人たちの「演歌」なので表立ってディスることも控えています。クリスさんをはじめ、歌が下手な人は絶対に表舞台に出て来られないあたりも演歌に似ています。

19. Sign of the Times by Harry Styles

サイン・オブ・ザ.タイムス/ハリー・スタイルズ

活動休止中のワン・ダイレクションのハリーくんのソロ。ロック・バラードです。タイトルはプリンスのアルバム(と曲)と同じだし、曲調はデヴィッド・ボウイみたいだし、ハリー君、こっちをやりたかったのね、と驚きました。オバマさんは世代的にたくさん聴いた(=青春時代にあちこちでかかっていた)タイプの音楽だと思います。アリシア・キーズらとも組んでいるジェフ・バスカー仕事。

20. Broken Clocks by SZA

ブロークン・クロックス/SZA

私もSZAちゃんの曲の中で、だいぶ聴いた曲です。オバマさんと気が合って嬉しい。私にとっては、SZAちゃんのブレイク自体が2017年の大ニュース。エイミー・ワインハウス以来のストーリーテラーだと思っていて。彼女についてはまたゆっくり書きます。

21. Ordinary Love (Extraordinary Mix) by U2

オーディナリー・ラヴ(エクトラオーディナリー・ミックス)/U2

暮れに出した14作目のアルバムのボートラ。バイオピック『マンデラ 自由への長い道』の主題歌を4年後にデンジャマウスがリミックスしました(オバマさん、デンジャマウス好き?)。U2のボノさんとオバマさんは仲良しで、ニューヨークのレストランで一緒にランチをした時に、他のお客さんから拍手が起こり、ニュースになったほど。ボノさんはアイルランド出身ですが、長らく民主党政党への支持をはっきり出している人。恩義をきっちり返す、元大統領。

*Bonus: Born in the U.S.A. by Bruce Springsteen (not out yet, but the blues version in his Broadway show is the best!)

ボーナスは、ブルース・スプリングスティーンの「ボーン・イン・ザ・U.S.A.」のまだ発売されていないブルース・ヴァージョン。この曲はスプリングスティーンのブロードウェイの公演の際に披露したもの。オバマさんはブルースさんとも仲良し。大統領を退く2ヶ月前にホワイトハウスで大統領と250名のスタッフのためにアコースティック・ライヴを内緒で行ったとか。すごいな。当然、ブロードウェイ公演も見たわけですね。

各方面、全世代に気を使いつつ、それでもオバマさんの音楽的な趣味がよくわかるリストです。順番に聴いて、無理がない感じで並べるあたりも上級者。

 

まとめると、オバマさんは:

・リリックと声質を重視するタイプ。

・世間の流行をきっちり押さえている。

・ミュージシャンの友人が多く、その友人の作品を大事に聞く。

・ヒップホップはかなり深くディグっている。

・リリックだけでなく、メッセージ性の高いヴィデオを評価し、きっと音楽が世界を変える力を信じている人

 

こんなところでしょうか。

うーん、カッコよすぎる前大統領です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。